ここは・・・

漫画描き、ゆづか正成の
ブログです。



公式HPはこちら↓
ご連絡はこちらへ!
ご感想、ご連絡は
こちら
お気軽にお寄せください。
漫画、イラスト、各種デザイン、
その他お仕事のご依頼も
お待ちしております!
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ゆづか正成の本
■漫画■



海賊伯 2巻




海賊伯 1巻


黒地旅記 2 (2)

黒地旅記 2巻


黒地旅記 1 (1)
黒地旅記 1巻




新マンガ日本史 17号
新マンガ日本史 17号
観阿弥・世阿弥



■挿絵■

コウヤの伝説 4 (4)
コウヤの伝説 4巻
ふぶきの山


コウヤの伝説〈3〉みちびきの玉
コウヤの伝説 3巻
みちびきの玉


コウヤの伝説〈2〉まもりの刀
コウヤの伝説 2巻
まもりの刀


コウヤの伝説〈1〉金色の竜
コウヤの伝説 1巻
金色の竜




ゆづか正成が、 つれづれなるままに、 ぼそぼそ言ってみるブログです。
28〆ってきいてたんだけど、
28日って土曜日じゃないか!
でも週明けた30日には
すでに次の回の打ち合わせをしていていただくので、
前倒しして金曜に出したい・・・。

ということで、ちょっと今週は早めにスパートかけます。

ご質問等も何点かいただいているのですが、
この原稿と打合せまでは
ばたばたしているので、
月があけましたらまとめてこちらで
お返事させていただけましたらと思います。


ちなみにすでに上に書いといてなんだけど、
「今の時代仕方ないけど
 皆、ツイッターとかで自分の〆切ばらすから・・・
と、編集さんに苦々しく言われたばっかりなんだった・・・。

折角作業が集中しないように
作家さんによって〆切をばらけて言ってあるのに、
どこまで引っ張れるかばれてしまうってことなのですが、
まあ、ここで書く分には、良いよね・・・
『海賊伯』の連載の直前、
マクロスエースの読み切りの原稿から、
ペン入れは変わらずアナログですが
仕上げをデジタルに移行しました。

何が良いって、
トーンの削りカスがでないので、
鼻炎の具合がすこぶる改善しました・・・!!
あまり吸い込みすぎると器官にも良くないらしいですし、
デジタル化によって、
漫画の作業工程での影響というよりは、
身体にやさしい仕事環境になった気がしますw
目は疲れますけれど・・・=ω=

ちなみに、
カラーデジタル化した効能(←!?)は、
アナログのとき、
多分ちょっと変わったやり方とはと思うのですが、
私、分の手のひらをパレットに使っていたので、
左手の手のひらが、いつも石鹸でも落ち切れない色素で
とかとかに染まっていましたが、
これがなくなって普通の肌色になったことでしょうか???

う~ん、頭脳労働のようで、
地味に体張ってる仕事だったのかも・・・。
新年明けて一週間以上たちますが、
まだまだ年賀状をいただき、
まだまだ送ってる
今日この頃です(笑)

個人業なので、
普段なかなか連絡を密にしないかたも多く、
年賀状はまさに、一年一度のご挨拶の機会でもあります!
ですから届く時期なんかそっちのけで
やっぱりいただくととても嬉しいですよね。

ところで、去年食べ損ねた鏡餅が
年末出てきたんですが・・・( ̄_ ̄|||)
15日過ぎたら一応ゆでてみようと思います・・・。
年末年始
大家さんが家のブレーカーを落としてお出かけされたようで、
集合住宅全体のTVの電波が入らず、
この年末年始はTVがつきませんでした=ω=;

普段、そんなにありがたく見てる実感はなくとも
やはり映らないと寂しいもので、
映るようになった時の嬉しさ
ちょっと自分でも意外でした・・・!

仕事中は、なんとなく音がないと寂しいので、
最近は特に、
集中して見なくていい感じのバラエティ番組等を
適当に流しているのですが、
このバラエティ流しっぱができないのが地味に堪えて、
ついに途中、レンタルビデオで借りてきちゃいましたもん!
半分くらいしか内容把握してないのですが、
でもなんとなく流してると黙々仕事できるんですよね~。

もしかしてそうした意味で、
こっそりTVっ子かもしれない、今日この頃です。
31日は外出したので、
それなりに年末年始っぽい行事を楽しめたのですが、
私はネーム、
ラノベ作家の同居人も
発売日の告知がされているにもかかわらず
原稿が終わってなかったのでw、
この年末年始は、
なんとなくあまりお正月っぽさを感じるまもなく
終わってしまいました。

でも、3、4日目になって近くのお店など回ってみると、
去年、一昨年などものすごい行列だった福袋なども
ちらほら残っていたり、
今年は比較的落ち着いた年末年始だったのかも?
うちの近所だけ??

来週からはどこも通常営業ですね^^
今年も何らかの結果を残せるように
頑張りたいと思います。
正月用のトップ絵ですが、
自キャラを描くのは大変恥ずかしいのですが、
あまりない機会でもありますから
コスプレさせてみました。

アルが持っているほうが大鼓(おおつづみ)
フレッドの方が小鼓(こつづみ)です。

大鼓小鼓は対となっている楽器でもあり、
例えばを表すと聞いたことがあるので、
昇る辰とセットっぽくて良いかなと思い描きました。
もうちょっと私の画力が伴えばいいんですけどねぇ; ;


ちなみに、この大鼓のほうに関しては、
私、ちょっとした変な思い出があります。

大学時代、能楽部に所属していたこともあって、
仕舞、謡曲に加えて、
大鼓も2年ほど、習っておりました。

は、木(など)でできた胴に
皮を張り、そこを叩いて音を出す楽器ですが、
大鼓の場合は牛の背中の皮を伸ばして使います。
これがもー、とんでもなく硬いもので、
実際「ポン」という小鼓の音に対して、
大鼓は「カーン」という鋭い音がします。

どれくらい硬いかというと、
10回も叩くと痛くて指の感覚が麻痺するくらいΣ(´Д`;) 
和紙を固めた防具的なものをはめることもありますが、
やっぱり素手のほうが良い音がするんですよね。

で、です。
部の発表会的なもので、
大鼓を打ったときのことですよ。

先程のとおり、
指の感覚は開始早々なくなってしまうので、
私はただただ、自分の失敗したところとかばかりが気になって、
終わった時も「先生~いっぱい間違えちゃいました~」
なんて言いながら袖に帰ったのですが、
すると先生が「いいから手を拭きなさい!」
アワアワしておっしゃるので、初めて気付いて手を見ると
ぎゃーーー!!Σヾ(゚Д゚)ノ
なんと手の皮膚が割れて血がだらだら出ているではないですか!

どうも曲の途中に、皮の硬さに手が負けて出血し、
そのまま私自身は気付かずに
鼓の皮を血染めにしながら打ち続けていたらしいのです・ω・;

友人曰く、私がぴくとも表情を変えないものだから
(だって感覚ないもん)
逆に相当不気味で怖かったそうです・・・。
どうりで皆さん、怪訝な顔してると思ってた。
間違えたのがばれたのかと思ってたw


と、そんなことを思い出したりしてました。

皆さんも、あまり機会はないと思いますが、
もしチャンスがあったら
あの硬さを実感してみてください(!?)
超痛いのですが、
良い音が出たときの響きが素晴らしく、
意外とクセになります(笑)

ちなみに、
小鼓歌舞伎で使われるものと同じなのですが、
大鼓歌舞伎能楽と、それぞれ違うもので、
確か、能楽大鼓の皮をつくっておられる家は
もう日本で2件ぐらいしかないと聞いた覚えが・・・!
大変なレアな技術によって支えられている楽器なんですね(`・ω・´)
改めまして、
あけましておめでとうございます!
皆様、良いお正月休みをお過ごしでしょうか?

ちなみに私は、
筋肉痛で倒れておりますorz
そして、年末からなぜかTVが映らない・・・

これも遊びまくってないで
仕事しろってことだと思い、
年賀状を書き終わったら(←まだ書いてるし´A`;)
仕事を再開しようと思います・・・!

年末は、いっぱい漫画読んでいっぱいゲームしました!
とういうと、マジ遊びしてるようですが!!
やっぱりこの過程は大切なのですよね。
どう大切かは説明しにくいので、
やっぱ遊んでんじゃねーかといわれれば
それまでなのですがw

自分が他作家さんの作品を楽しむように、
読んでくださる皆様に面白いと思っていただける、
それでいて、できればこいつならではと
思っていただけるような漫画を
今年も目指せたらと思います・・・!

今年もどうぞよろしくおねがいいたします!!
<< 次のページ  │HOME│    前のページ >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
phot by Anghel * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you