ここは・・・

漫画描き、ゆづか正成の
ブログです。



公式HPはこちら↓
ご連絡はこちらへ!
ご感想、ご連絡は
こちら
お気軽にお寄せください。
漫画、イラスト、各種デザイン、
その他お仕事のご依頼も
お待ちしております!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ゆづか正成の本
■漫画■



海賊伯 2巻




海賊伯 1巻


黒地旅記 2 (2)

黒地旅記 2巻


黒地旅記 1 (1)
黒地旅記 1巻




新マンガ日本史 17号
新マンガ日本史 17号
観阿弥・世阿弥



■挿絵■

コウヤの伝説 4 (4)
コウヤの伝説 4巻
ふぶきの山


コウヤの伝説〈3〉みちびきの玉
コウヤの伝説 3巻
みちびきの玉


コウヤの伝説〈2〉まもりの刀
コウヤの伝説 2巻
まもりの刀


コウヤの伝説〈1〉金色の竜
コウヤの伝説 1巻
金色の竜




ゆづか正成が、 つれづれなるままに、 ぼそぼそ言ってみるブログです。
月明けにはと言っておきながら、
ご無沙汰してしまいました><

先月は結局、
なんと私的には前代未聞の!
〆切より3日も早く脱稿するという快挙を!!
成し遂げました!!!

といっても単に、
前回の日記で書いたように、
私は28日〆とお聞きしていたのですが、
担当さんは、さらに2日後の30日だと思っておられた、
ただそれだけのことなんですけれど=ω=
ということで、予定通り一日前倒しの27日に脱稿しました。


ええと、お約束したとおり、
今日はいくつかいただいたご質問の中から
主だったものに答えさせていただきたいと思います!
時期が時期だけに、
すべて『海賊伯』に関するご質問です。

Q、キャラの年齢が知りたいです

A、後にお話しするとおり、そこまで話が長くなりそうにないので、
  今となっては問題ないのですが、
  当初、実際の歴史の出来事と絡ませるために、
  キャラの年齢はあえて非公開ということにしておりました。
  歴史に詳しいかたが、キャラ(主にアル)の年齢を知ると、
  どういうことが次に歴史的に起こるか分かって
  ネタバレ的になるかなと思って・・・w 

Q、国籍の違うキャラたちは何語で話しているのでしょうか?

A、船乗りのアル、商人のレナードは、多言語が話せる設定なので、
  基本はフレデリックに合わせて英語を話しています。
  フレデリックはかろうじて他に、
  当時の国際語であるイスパニア(スペイン)語が話せるので、
  似た言語であるポルトガル語は、
  一応意思疎通できているということになっております。
  うーん、グローバル!

Q、もしかしてコーエーの大航海時代シリーズお好きですか?

A、好きです!バレバレですね・・・。
  ちなみに、担当様もお好きなようです。
  コーエーのゲームは他にジルオールとかも好きですよ(`・ω・´)

Q、もうすぐ終わるって本当ですか

A、はい、これは本当に
  ありがたくも続きをご所望くださる読者さまには
  ただただ申し訳ないばかりです。
  掲載誌であるジーンが方針としている読者ターゲット層と、
  私の漫画を実際にご支持くださっている層が
  明らかに一致していないこともあり、
  現段階では、少なくともストーリー漫画としての次作は
  ジーン以外での可能性を模索したいと考えております。

  終了そのものに関しては、
  雑誌のニーズに応えられなかった私の力不足ですので、
  さして思うところは無いのですが、
  残り話数の少ない状態での決定ということもあり、
  ただただ、今ご支持くださっている読者さまに、
  最良の形のラストをお届けできないことだけが
  申し訳なく、無念です。
  
  とはいえ、作品として破綻するような終わり方に
  しないのはもちろん、
  2巻までしか出なかったのでなく、
  あくまで2巻完結を目指し、
  残された話数内で最善を尽くせるよう、
  最後まで全力で取り組みますし、
  担当様からも、ご助言やページ数の融通など、
  最大限のサポートをいただけておりますから、
  (ページ数は実際の私の作業量の限界には縛られますが^^;)
  どうか最終話までお付き合いいただけますと幸いです。
  全2巻というと短い作品とはなりますが、逆に、
  時々気軽に読み返して楽しんでいただけるものになれば
  これ以上の喜びはありません。

元々、私と担当様の
大航海時代好きの趣味トークから生まれた話ですので、
漫画という形にできただけでも幸せですし、
且つ、読んで評価してくださる読者さまがおられたことは、
大変、幸せなことと感じております。

話を収束させるという今の段になっても、
担当様との打ち合わせは熱意のあるものですし、
「やっぱ16世紀、大航海時代、いいな~」なんて
言い合っているのですから、
重ね重ね幸せなものですw

ので、どうせあと数話だから、なんて
決して投げやりや手抜きをするつもりは
さらさらないことだけ、ここにお約束いたします(`・ω・´)   
phot by Anghel * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you